公演情報【文福部屋】

10月1日(月)
 東吉野村 敬老会
 〈会 場〉 奈良県東吉野村

10月2日(火)
 第28回彦八まつり実行委員会うちあげ会
 ※28回の桂春蝶君とバトンを受け継ぐのは、私、文福となりました。
  再来年の30回記念の前の29回目の中途半端な実行委員長を拝命!
  一門の弟子達にも協力してもらって文福らしさあふれる彦八まつりに、乞うご期待。

10月3日(水)
 【朝9:30】KBSラジオ 笑福亭晃瓶さんのラジオ番組に生電話出演。

10月7日(日)
 文福のちゃんこツアー(奈良・天理の名店「飛鳥山」)
 ※元大鳴戸部屋で小兵関取で人気を博した維新力関や先日、天に召された
  元小結板井関らとがんばった飛鳥山さんのお店。

10月9日(火)
 和歌山芸能県人会 施設訪問ボランティア演芸会
 ※私が会長をつとめ20年目を迎える和歌山芸能県人会(紀州つれもて会)の有志
  今回は20人の歌手、腹話術師、漫才師、落語家、マジシャン、タップダンサーらが
  グループに分かれて、それぞれ同時に5ヶ所の施設(今年は御坊、印南地域)を訪問し
  もちネタを披露して、ふるさとの皆さんに恩返しをします。
  文福はカルフール・ド・ルポ印南(いなみ)という特養老人ホームにまいります。
  昼1:30〜の予定。ボランティア演芸会・歌謡ショーを終えて夕方から会員一同、私の
  母方の里、御坊で楽しい飲み会になるでしょう

10月10日(水)
 10月10日はテントの日。    夜7:00~開演  【前売2500円 当日3000円】
 〜わからん人はほっときますよ〜
 ※3回忌を迎えるなつかしき友人、漫談界の鬼才、テント師の思い出を語る会
 〈出 演〉 桂あやめ  月亭遊方  桂福楽  桂文福
      (生前のテントリサイタルからの厳選映像上映!)
 〈会 場〉 大阪・千日前 上方ビル4F トリイホール(TORII HALL)
       地下なんばウォークB20階段出口より徒歩2分
       お電話予約:06-6211-2506(トリイホール)
       お問合わせ:06-6881-7528(クロスメディアコミュニケーションズ)
       企画・制作:テントハウスは不滅です。

10月12日(金)
 和歌山放送ラジオ「文福のあの店この店」収録

10月13日(土)
 焼き鳥・居酒屋こけこっこ 奥本マスター(こけマス)古希を祝う会  夕方5:00~
 〈出 演〉 発起人代表:桂文福   司会:桂ぽんぽ娘
       「ふるさと寄席文福一座」芸人有志多数参加
 〈会 場〉 大阪・上本町 ホテルアウィーナ大阪

10月14日(日)
 第3回東大阪の集い「止めよう戦争の道、生かそう平和の憲法」
 【昼1:30〜】第1部
 【昼3:50〜】第2部 お楽しみ演芸コーナー 芸人9条の会「歌って笑って守ろう平和」
 〈出 演〉 河内亭久里丸  趙博(パギヤン)  桂文福
 〈会 場〉 東大阪市 近鉄奈良線若江岩田駅下車駅前 希来里6F「イコーラム」

10月15日(月)
 新撰落語もぎた亭台本勉強会(繁昌亭会議室)

10月17日(水)
 笑福亭たま独演会 ~芸歴20周年 月刊笑福亭たまスペシャル~  夜6:30~(全席指定)
 ※平成30年度(第73回)文化庁芸術祭参加公演
  たま師は「地獄八景」「らくだ」「立ち切れ」の上方落語の大ネタ三席を熱演します。
 〈出 演〉 露の瑞  桂治門  ゲスト:桂文福(歌謡笑)
 〈会 場〉 大阪市北区 天満天神繁昌停 06-6352-4874
        【前売・一般2500円 65才以上・身障者2000円 学生1000円(当日各500円アップ)】

10月19日(金)
 泉大津警察防犯の会
 〈出 演〉 千田やすし(腹話術)  桂文福
 〈会 場〉 大阪府泉大津市 ホテル関空きららリゾート

10月20日(土)
 奈良県民共済ふれあい寄席
 〈出 演〉 桂福団治一行  桂文福
 〈会 場〉 奈良県大和郡山市 郡山城ホール

10月21日(日)
 間口浪曲寄席
 〈出 演〉 二代目真山一郎 他 浪曲親友協会有志  ゲスト:桂文福
 〈会 場〉 大阪市住吉区 住吉大社

10月22日(月)〜10月28日(日)
 天満天神繁昌亭【昼席】出番
 ※文福は仲入後10席中8番目に色物枠で「歌謡笑」でもりあげます。
 詳しくは繁昌亭のホームページをごらん下さい。

10月27日(土)
 弥栄神社落語会  昼3:00~
 ※繁昌停は4番目に出ます。
 〈出 演〉 森乃石松  桂文福  森乃福郎
 〈会 場〉 東大阪市 弥栄神社(近鉄奈良線河内小阪下車)

10月29日(月)〜11月4日(日)
 神戸新開地・喜楽館【昼席】
 ※文福は中トリで出演、トリは福団治師、色物は曲ごまの伏見龍水師。
 詳しくは喜楽館のホームページをごらん下さい。

milk_btn_pagetop.png

今月のメッセージ

猛暑、酷暑をのりこえて、やっと秋が来た〜。けど我々にはアキの来ないようご支援たのんます。各地の台風、豪雨、北海道地震と大変な事がおこり、今もなおご不自由なお暮らしをされておられる方々に一日も早く心から笑える日々が来ますようにとお見舞い申し上げます。
今月は繁昌亭と喜楽館の昼席の出番が続き14日間連続の寄席出演とはうれしいことです。他にも各地で楽しい舞台がありはりきっております。ちなみに7番弟子「鹿えもん」が9月24日から30日まで1週間はじめて天満天神繁昌亭の昼席に出して頂きました。きりがいいことに、この出番の千秋楽の9月30日で入門丸4年。10月1日より年季明けをさせました。彼なりになんとかがんばったと思います。同年代の若手よりかなり遅れての繁昌亭昼席デビュー(かなり後輩に先出られたが…)初日に2階席でそっと見ましたが、いきなり河内音頭をうたったのにはびっくりしました!! 別に教えたわけでもやれとも言ってないのに…(笑)ぽんぽ娘ちゃんも見てくれました。たのもしきお姉ちゃん!! そのぽんぽ娘は29日、浅草の雷5656(ごろごろ)会館で大久保加代子さんをゲストにお迎えしてのピンク落語会、300数十人の超満員だったらしく私も喜んでおります。
さて、うれしいと言えば8月末に発行された「NHK大相撲中継」の雑誌でのカラー4ページスペシャル対談「市川由紀乃に桂文福が聞く」この記事が大好評!! 由紀乃さんのファンクラブの会報のスケジュール情報のところにも「桂文福師匠と対談」と載せてくださり感激しました。「うたかたの女」も大ヒット中、3年連続紅白もばっちりでしょう。
さて、この秋場所、横綱白鵬関の全勝優勝。まわりもっとしっかりしてや!! 稀勢の里関、皆勤して2ケタ勝ってまずは復活やれやれ〜。この秋場所とかけまして、ものたりない「うな重」ととく。その心は“さんしょう”がない!! 昭和22年秋の制定から史上初の三賞なし!! きびしいなぁ〜。敢闘賞に三役ではじめて勝ち越した貴景勝関、傷害事件から立ち直り久しぶりの幕内で途中7連勝して10番勝った貴ノ岩関も敢闘賞あげてほしかったなぁ〜と読売新聞の記事を書いていたら、えっ〜?貴乃花親方、日本相撲協会退職の話が…どないなってまんねん。今からニュース見るわ〜(9/25記)ほな季節のかわりめゆえご自愛下さいね〜。